Microsoft、Windows 10の各バージョンに対しgov.ukに接続できない問題を修正する累積アップデートを公開

Windows 10 logo

Microsoftは本日、サポート期間中のWindows 10の各バージョン、および間もなく一般公開となるWindows 10 Version 1903に対し累積アップデートを公開しました。

更新プログラムは5月の月例更新インストール後に発生した、IEやEdgeを利用して、gov.ukの一部のWebサイトにアクセスできない不具合を修正するものとなっています。更新プログラムには以下のような説明が含まれています。

Addresses an issue that may prevent access to some gov.uk websites that don’t support HTTP Strict Transport Security (HSTS) when using Internet Explorer 11 or Microsoft Edge.

Internet Explorer 11またはMicrosoft Edgeを使用している場合に、HTTP Strict Transport Security(HSTS)をサポートしていないgov.uk Webサイトへアクセスできない可能性がある問題に対処します。

なおWindows 10 Version 1903用の累積アップデートのKB4505057では、「0x800f081f - CBS_E_SOURCE_MISSING」というエラーでインストールが失敗することがあるという不具合も合わせて修正されています。

なおWindows 7/8.1、Windows Server 2012/2012 R2用の更新プログラムはこちらで確認可能です。

スポンサーリンク