Microsoft、Windows 10用の累積アップデート「KB3105213」をリリース

S 2015 11 11 11 20 56

Microsoftは本日、Windows 10正式版用の累積アップデート「KB3105213」をリリースしました(WinBetaMicrosoft News)。更新は自動で適用されますが、「設定 > 更新とセキュリティ > Windows Update」より手動で更新することもできます。

KB3105213は、Windows 10の機能の改善および脆弱性を修正するための更新で、Microsoft Security Bulletin(マイクロソフトセキュリティ情報)で詳細が説明された以下の8件の脆弱性の対策が行われています。

  • 3105256 MS15-122: Security update for Kerberos to address security feature bypass: November 10, 2015
  • 3104521 MS15-119: Security update in TDX.sys to address elevation of privilege: November 10, 2015
  • 3104507 MS15-118: Security updates in the .NET Framework to address elevation of privilege: November 10, 2015
  • 3105864 MS15-115: Security update for Windows to address remote code execution: November 10, 2015
  • 3104519 MS15-113: Cumulative security update for Microsoft Edge: November 10, 2015
  • 3104517 MS15-112: Cumulative security update for Internet Explorer: November 10, 2015
  • 3108638 Microsoft security advisory: Update to Hyper-V to address CPU weakness: November 10, 2015
  • 3108604 Microsoft security advisory: Description of the security update for Windows Hyper-V: November 10, 2015

ちなみに今回リリースされた累積アップデートは、11月12日リリースが予定されている、大規模な「Fall Update」とは異なり、セキュリティ修正を目的とした小規模な更新です。

スポンサーリンク