Microsoft、Windows 10 Version 1511用の累積アップデート「KB3116900」をリリース

S 2015 12 09 10 48 23

米Microsoftは12月8日(現地時間)、Windows 10 Version 1511用の累積アップデート「KB3116900」をリリースしました(WinBeta)。更新はWindows Updateを使って自動でインストールされますが、Microsoft Update Catalogから手動でダウンロードすることもできます。

KB3116900は、Windows 10 Version 1511の機能の改善、および脆弱性を修正するための更新で、以下の脆弱性に関する問題を解決するアップデートとなっています。

  • 3119075 MS15-135: Security update for Windows kernel mode drivers to address elevation of privilege: December 8, 2015
  • 3116130 MS15-133: Security updates for Windows RMCAST to address elevation of privilege: December 8, 2015
  • 3116162 MS15-132: Security updates for Windows to address elevation of privilege: December 8, 2015
  • 3104503 MS15-128: Security updates for Microsoft graphics component to address remote code execution: December 8, 2015
  • 3116178 MS15-126: Security updates for Microsoft VBScript and JScript to address remote code execution: December 8, 2015
  • 3116184 MS15-125: Cumulative security update for Microsoft Edge: December 8, 2015
  • 3116180 MS15-124: Cumulative security update for Internet Explorer: December 8, 2015

累積アップデートは過去にリリースされた修正を全て含む形式で提供されています。適用済みの修正がある場合は、新たな修正のみダウンロードされ、適用されることになります。

S 2015 12 09 10 57 34

今回のアップデートを適用後、ビルド番号が「10586.29」に更新されます。

スポンサーリンク