Windows 10の累積アップデートKB4532695でBSODが発生

BSOD

Microsoftが先日公開したWindows 10 Version 1903/1909用の累積アップデートKB4532695をインストールするとBSOD(ブルースクリーン)が発生すると一部のユーザーが報告していることがわかりました(Windows Latest)。

KB4532695はオプション扱いの更新プログラムで、ファイルエクスプローラーの検索機能の修正を含め多数の不具合が修正されています。しかし検索機能の修正が不十分であると指摘されたのに続き、今回はWindowsの最悪のエラーであるBSODやその他のエラーが発生するとの指摘が行われているのです。

Microsoftコミュニティフォーラムには、不具合に遭遇したユーザーから、再起動しても起動せず電源ボタンにも反応しなくなったという報告や、再起動のループが始まり最終的に立ち上がった後クラッシュするといった報告など、さまざまな情報が寄せられています。

さいわいBSODの発生報告はそれほど多くなく、広範囲に影響を及ぼすものではないようです。現在のところ不具合の原因は不明ですが、特定のユーザーの環境が影響している可能性があると予想できます。

スポンサーリンク