Microsoft、サポートが終了したWindows 10 Version 1803の自動更新を開始

Windows 10 logo

2018年4月に公開された「Windows 10 April 2018 Update(Version 1803)」のHome/Proエディションは、11月12日にサポート期間が終了しました。

これを受けMicrosoftは、サポート期間が切れたWindows 10 Version 1803デバイスで、Windows Updateを利用した機能アップデートの自動インストールが始まることを案内しています(Softpedia)。

以下のようなメッセージが掲載されています。

Windows 10, version 1803 (the April 2018 Update) Home and Pro editions have reached end of service. For Windows 10 devices that are at, or within several months of reaching end of service, Windows Update will automatically initiate a feature update (with users having the ability to choose a convenient time); keeping those devices supported and receiving the monthly updates that are critical to device security and ecosystem health.

Windows 10 Version 1803のHome/Proエディションはサービス期間が終了し、「サービスが終了したあるいは終了が近いWindows 10デバイスでは、Windows Updateによる機能の更新を自動的に開始する」とのこと。ただしユーザーは都合の良い時間を選択できるとのことなので、予期しない再起動が起こるといったことはないのかもしれません。

サポート期間が切れたWindowsは、毎月のセキュリティ更新を受信することができずセキュリティ上のリスクにさらされることになります。Windows 10 Version 1803以前のバージョンを使っている方は、はやめにVersion 1903/1909をインストールした方が良さそうです。

スポンサーリンク