Windows 10 Version 1809用の累積アップデートKB4501835が公開 - 新元号「令和」に対応

Windows 10 logo

Microsoftは本日、Windows 10 Version 1809(October 2018 Update)用の累積アップデートKB4501835を公開しました(Neowin)。

先月末に公開されたWindows 10の他のバージョン用の累積アップデートと同じく、日本の元号に関した修正が含まれています。

更新プログラムはシステムの品質を改善するもので、新たな機能は追加されていません。Windows Updateでは入手できず、WSUSを利用するかMicrosoft Update Catalogからファイルをダウンロードして手動でインストールすることができます。

KB4501835 (OS Build 17763.439)

Version 1809用の累積アップデートKB4501835では、CALDATETIME構造体が4つ以上の日本の元号を処理できないという問題の修正や、新元号をサポートするためのNLSレジストリの更新、DateTimePickerで日本語の日付形式で日付が誤って表示される問題の修正などが行われています。

  • Addresses an issue that prevents the CALDATETIME structure from handling more than four Japanese Eras. For more information, see KB4469068.
  • Updates the NLS registry to support the new Japanese Era. For more information, see KB4469068.
  • Addresses an issue that causes the DateTimePicker to display the date incorrectly in the Japanese date format. For more information, see KB4469068.
  • Addresses an issue that causes the Date and Time Settings control to cache old Eras and prevents the control from refreshing when the time enters the new Japanese Era. For more information, see KB4469068.
  • Updates fonts to support the new Japanese Era. For more information, see KB4469068.
  • Addresses an issue that prevents an input method editor (IME) from supporting the new Japanese Era character. For more information, see KB4469068.
  • Addresses an issue that causes the Clock and Calendar flyout control to display the day of the week incorrectly mapped to a date in the month of the new Japanese Era. For more information, see KB4469068.
  • Adds alternative fonts for the new Japanese Era fonts. For more information, see KB4469068.
  • Enables Text-To-Speech (TTS) functionality to support new Japanese Era characters. For more information, see KB4469068.
  • Addresses an issue in Unified Write Filter (UWF) that prevents Hibernate Once/Resume Many (HORM) from working as expected on Unified Extensible Firmware Interface (UEFI) systems.

更新プログラムには、特定の構成のWDSサーバーからPreboot Execution Environment(PXE)を使用してデバイスを起動する場合に接続が停止する場合があるという問題、特定の操作をクラスター共有ボリューム上のファイルやフォルダーに対して実行すると「STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL (0xC00000A5)」が発生する問題、ArcaBitのアンチウイルス製品をインストール環境でシステムがフリーズする問題、アプリケーションプロトコルハンドラのカスタムURIスキームが、ローカルのイントラネットおよび信頼済みサイトで対応するアプリケーションを起動できない問題という、4件の既知の不具合が存在します。

ワークアラウンドも掲載されていますので詳細はKBページでご確認ください。

更新プログラムはMicrosoft Update Catalogからダウンロードすることもできます。

スポンサーリンク