Windows 10 Version 1809にアップグレードするとデフォルトの管理者アカウントが無効化されてしまう不具合が発覚

S 20190103 112337

Windows 10の最新アップデートVersion 1809にアップグレードする際、Windowsのデフォルト管理者アカウントである「Administrator」が無効化されてしまう不具合が報告されています(gHacks)。

日本マイクロソフトNetwork & AD サポートチーム公式ブログによると、この不具合はWindows 10 version 1803 から version 1809にアップグレードする際に発生し、「ビルトインAdministratorアカウントが有効」かつ「他にもAdministrators権限を持っているアカウントが存在している」場合に発生するとのこと。

// 本問題の発生条件
* ビルトイン Administrator アカウントが有効である。
* 他にも Administrators 権限を持っているアカウントが存在している。

Microsoftは2019年1月下旬に修正プログラムをリリースすることを計画しているようですが、それまでにアップグレードする必要がある場合、あらかじめAdministrator以外の管理者権限を持つユーザーで確実にサインインできることを確認してからアップグレードすることを推奨しています。またビルトインAdministratorが無効化されてしまった場合も、それ以外の管理者権限を持つユーザーでサインインして、再度有効化することができるとも説明しています。

もともとWindows 10のAdministratorアカウントの使用は推奨されておらず、初期状態では無効となっていますが、あえて有効にして使用している方は、条件にあてはまらないように注意が必要だと思われます。

スポンサーリンク