Windows 10 Version 1809の累積アップデートKB4482887に既知の不具合が2件追加

S 20190302 101149

Microsoftが3月2日に公開した、Windows 10 Version 1809用の累積アップデートKB4482887に、既知の不具合が2件追加されたことがわかりました(Neowin)。

今回追加された既知の不具合は以下の通りです。

S 20190308 102343

最初のものは「更新をインストールした後、特定のMSIまたはMSPファイルをインストール・アンインストールする際に"Error 1309"が表示される場合がある」というもので、回避策として「エラーを無視できる」と説明されています。

次のものは「KB4482887をインストールした後、Destiny 2のような特定のゲームをプレイする際、グラフィックとマウスのパフォーマンスが低下する可能性がある」というもので、短期的な回避策として「KB4482887をアンインストールする」方法が提案されています。

Microsoftは不具合の修正作業を行っているとのことですが、修正版のリリース時期は不明です。

スポンサーリンク