Windows 10 Version 1809の累積アップデートKB4493509で発生していたArcaBitの不具合が修正

S 20190410 93738

Microsoftが公開した、Windows 10 Version 1809用の累積アップデートKB4493509を、ArcaBitアンチウイルスソフトをインストールしたシステムに適用すると、システムが応答しなくなる不具合が発生することが知られています。

既知の不具合としてこの問題が追加された時点では、回避策は掲載されていなかったのですが、その後進展があり、ArcaBit側が不具合の対応版を公開し、問題が解決したことが明らかとなりました(Softpedia)。

S 20190416 202757

ワークアラウンドとして「ArcaBitはこの問題に対処するためのアップデートをリリースししました。詳細については、Arcabitのサポート記事を参照してください」との案内が掲載されています。

ただし記事執筆時、リンク先の情報はブランクで、具体的な手順は確認できません。

システムがフリーズする不具合が発生した場合、KB4493509を一端アンインストールし、ArcaBitの修正プログラムを適用した上で、再度KB4493509をインストールするという一般的な手順で問題が解決すると予想できます。

なおArcaBit以外のアンチウイルスソフトでも問題を引き起こしているWindows 7/8.1用の更新プログラムと異なり、KB4493509にはArcaBit以外のアンチウイルスソフトに関する不具合は掲載されていません。

スポンサーリンク