Windows 10 Version 1809の累積アップデートKB4494441が2回インストールされる不具合が発生中

S 20190515 83528

Microsoftが本日公開したWindows 10 Version 1809用の累積アップデートKB4494441が、2回インストールされてしまう不具合報告されていることがわかりました(Softpedia)。

今回の問題は、redditスレッドなどで議論されていて、複数のユーザーがKB4494441が2回インストールされたと問題を報告しています。

具体的な症状はどの場合もほぼ同じで、最初にWindows Update経由でKB4494441をインストールした後にデバイスを再起動すると、KB4494441が再度提供されるというものです。ただし2回インストールを実行すれば、更新プログラムのインストール自体は成功する模様です。

なお、最初のアップデート後、ビルド番号は17763.475になり、2回目のアップデート後に本来のビルド番号に17763.503に更新されるとのこと。このため「winver」を実行してOSのビルド番号を確認することで、更新プログラムが完全に適用された状態かどうかを判別することができます。また更新履歴のページにも以下のような表示が追加されているようです(英語環境の場合)。

19-05 Cumulative Update for Windows 10 Version 1809 for x64-based Systems (KB4494441) (2) Successfully installed on [date]

Softpediaは、Microsoftは問題を認識しており、準備が完了すれば更新プログラムを提供する予定だと伝えています。

スポンサーリンク