Windows 10 Version 1809でアクティベーションがリセットされたり、プロダクトキーが動作しなくなる不具合が発生

S 20181010 203150

Microsoftは10月10日、一時的に停止していたWindows 10の大型アップデート「Windows 10 October 2018 Update(Version 1809)」の配信を段階的に再開することを発表しました。

再公開版では配信停止の理由となったファイルが勝手に削除されてしまう不具合は修正されているはずですが、Windows 10 Version 1809ではそのほかに、アクティベーションやプロダクトキーに関する問題も報告されているようです(Softpedia)。

まず最初に報告された事例は、アップデート後にシステムからプロダクトキーが無くなっており、Windows 10から抽出しようとしてもアクティベーションが解除されているためそれも不可能だというものです。

これに対する解決する唯一の方法として、OSのロールバック機能を使用して以前のWindows 10のバージョンに戻り、プロダクトキーを取り出して、Windows 10 October 2018 Updateを再インストールした後、手動でアクティブ化するという方法が提案されています。

またWindows 10 October 2018 Updateにアップグレード後の同じデバイスでプロダクトキーを利用した再アクティベーションが不可能になるという問題も報告されれています。フォーラムではMicrosoftは問題を認識しており修正作業中だとコメントしているユーザーもいますが、具体的な解決策は掲載れていません。

不具合の報告例はいまのところ少数のようですが、この種の問題が発生すると解決するのがかなり困難になりがちです。Windows 10 October 2018 Updateにアップデートする前に、Cドライブの完全バックアップを取るなどの対策を行った方が良いのかもしれません。

スポンサーリンク