Microsoft、Windows 10 Version 1809のサポート期間を延長

Windows 10 logo

Microsoftは4月14日(現地時間)、Windows 10 Version 1809(Windows 10 October 2018 Update)のサポート期間を延長することを発表しました(gHacks)。

Windows 10のメッセージセンターには以下のようなアナウンスが掲載されています。

Revised end of service date for Windows 10, version 1809

We have been evaluating the public health situation and understand the impact this is having on many of our customers. To help ease some of the burdens customers are facing, we are going to delay the scheduled end of service date for the Home, Pro, Pro Education, Pro for Workstations, and IoT Core editions of Windows 10, version 1809 to November 10, 2020. This means devices will receive monthly security updates only from June to November. The final security update for these editions of Windows 10, version 1809 will be released on November 10, 2020 instead of May 12, 2020. For more information, see Windows lifecycle fact sheet and Lifecycle changes to end of support and servicing dates.

「公衆衛生の状況を鑑み、Windows 10 Version 1809のHome、Pro、Pro Education、Pro for Workstations、IoT Coreエディションのサービス終了日を2020年11月10日まで延期します」とのこと。本来5月12日までだったWindows 10 Version 1809のサポート期間が延長され、6月から11月の期間もセキュリティアップデートを受け取れることを意味しています。

詳細はWindowsライフサイクルのファクトシートで確認可能です。

スポンサーリンク