Microsoft、Windows 10 Version 1809に隠されたUWPファイルエクスプローラーを更新中

S 20180823 91827

Windows 10にはUWP版のファイルエクスプローラーが存在する事が知られています。

Windows 10 Mobileでは標準のファイル管理ソフトとして採用されているほか、2016年にはPC版が存在することもわかり、Windows 10 Version 1703以降はOSの内部に隠された状態で提供されていて、以下の内容のショートカットを作成することで呼び出すことが可能です。

explorer shell:AppsFolder\c5e2524a-ea46-4f67-841f-6a9465d9d515_cw5n1h2txyewy!App

今回このUWPファイルエクスプローラーが、来年の春に公開される「Windows 10 Version 1809」のプレビュービルドで、更新されていることが判明しました(Neowin)。

Windows Centralによると、Version 1809では以下の変更が行われているとのこと。

  • ドラッグ&ドロップのサポート
  • 右クリックメニューの改良
  • 従来のファイルエクスプローラーのようにコピーペーストの改良
  • 新しいカット機能
  • 壁紙を設定可能に
  • UIボタンがボトムではなくトップに

UWPファイルエクスプローラーの更新はWindows Core OSのためとみられ、Surface Hub 2、HoloLens 2、Andromedaなど、デスクトップ版のファイルエクスプローラーが利用できない環境で利用されると見込まれています。なお従来のエクスプローラーをUWPエクスプローラーで置き換える計画はないそうで、デスクトップ版のWindows 10ではこれまで通りのエクスプローラーが標準のファイル管理ソフトということになりそうです。

スポンサーリンク