【要注意】Windows 10 Version 1809でデータ消失につながる新たな不具合がみつかる

October update

Microsoftは現在、ユーザーのファイルが削除されるという致命的な不具合が原因で配信停止にしていた「Windows 10 October 2018 Update(Version 1809)」の公開を段階的に再開している状態です。

Windows 10 Version 1809の修正版はまず、Windows Insider Program参加者向けに公開されていて、テスターからのさらなるフィードバックが求められているなか、今度はZIPファイルの展開時に上書きの確認ダイアログが表示されないなどの別の不具合が報告されていることがわかりました(SoftpediagHacks)。

不具合はファイルエクスプローラーに組み込まれたZIPファイルの展開機能に関係するものです。

S 20181021 111006

とあるRedditのユーザーはVersion 1809でZIPファイルを展開した場合、すでに同名のフォルダが存在していても上書きを確認するダイアログが表示されないようだと報告しています。

Windows 10の以前のバージョンでは宛先に同名のフォルダが存在した場合、上記画像のようなダイアログが表示され「ファイルを置き換える」「ファイルは置き換えずスキップする」「ファイルごとに決定する」などのアクションを決定することができましたが、Version 1809では何も表示されずそのまま上書きされるとのことです。

その他Ask Woodyには何もメッセージを表示しないまま展開操作が失敗する例が報告されていて、また別のRedditユーザーは、圧縮フォルダからその他フォルダへのドラッグ&ドロップ操作が正しく動作していない(ファイルのコピーはされているように見えるが実際はファイルが更新されない)と報告しています。

これらの不具合報告はファイルエクスプローラーに組み込まれているZip関連機能の不具合を示唆しており、Microsoftがこの不具合を修正するまで、Windows 10 Version 1809の一般公開は待たないといけないかもしれません。

スポンサーリンク