Windows 10 Version 1903の累積アップデートKB4503293等にPXEブートが失敗する既知の不具合が追加

Windows 10 logo

Microsoftが6月に公開したWindows 10 May 2019 Update(Version 1903)の累積アップデートKB4503293などに、WDSまたはSCCMサーバーからのPXEブートが失敗する既知の不具合が存在する事がわかりました。

ただしこの不具合は、Windows 10のクライアントエディションには影響せず、サーバーエディションにのみ影響するものとなっています。影響を受けるOSは以下の通りです。

  • Windows Server 2008 SP2
  • Windows Server 2008 R2 SP1
  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2016
  • Windows Server, version 1803
  • Windows Server 2019
  • Windows Server, version 1809
  • Windows Server, version 1903

現在更新プログラムの既知の不具合に以下のような項目が追加されています。

症状 回避策
Devices that start up using Preboot Execution Environment (PXE) images from Windows Deployment Services (WDS) or System Center Configuration Manager (SCCM) may fail to start with the error "Status: 0xc0000001, Info: A required device isn't connected or can't be accessed" after installing this update on a WDS server.

For mitigation instructions, see KB4512816.

We are working on a resolution and will provide an update in an upcoming release.

不具合の症状は「Windows展開サービス(WDS)、またはSystem Center Configuration Manager(SCCM)から、Preboot Execution Environment(PEX)イメージを使用して起動するデバイスが、"Status: 0xc0000001, Info: A required device isn't connected or can't be accessed"というエラーで起動に失敗する」というもので、回避策はこちらのドキュメントで詳しく解説されています。

Microsoftは、すでにこの問題の修正に取り組んでいて、修正は「今後のリリース」に含まれると説明しています。

スポンサーリンク