Windows 10 Version 1903の階調表示の不具合はKB4505903で修正されていた

S 20190801 93739

EIZOが指摘していた「Windows 10 Version 1903の階調表示の不具合」が、先日公開された最新の累積アップデートKB4505903で修正されていたことがわかりました(EIZO株式会社窓の杜)。

指摘されていた不具合は、階調表示でバンディング(縦のスジ)が表示されるというもので、Windows 10 Version 1903のグラフィック処理に原因があり、モニターの設定で回避することはできないと説明されていました。

2019年7月26日に公開されたVersion 1903用の累積アップデートKB4505903を適用することによって、問題の改善が確認できたとのことで、実際に不具合の改善が確認されたグラフィックドライバとして「NVIDIA Quadro driver 431.02」「NVIDIA GeForce driver 431.36」「Intel Graphics driver 26.20.100.6912」がリストアップされています。同社のヘルスケア市場向けグラフィックスボードを使用しているユーザーに対しては、結果が確認できるまでWindowsのアップデートを控えるように案内されています。

なお今回の不具合の修正は、KB4505903に含まれていた「10ビットディスプレイパネルで画像を表示するときに色が正しく表示されない問題の修正」が関係していた模様。KB4505903はオプション扱いの累積アップデートで、手動で適用する必要がありますが、この修正項目にセキュリティ修正を加えた更新プログラムが月例更新で自動配信されるため、急いでいない場合はそれを待つ方法もあります。

スポンサーリンク