Windows 10 Version 1903の累積アップデートKB4515384に中国語IME使用時にCPU負荷が高くなる既知の不具合が追加

S 20190917 84543

Microsoftが先日公開したWindows 10 Version 1903用の9月の月例更新プログラムKB4515384に、中国語のIMEを使用時CPU負荷が異常に高くなる不具合が存在することが分かりました(Softpedia)。

Windows 10の既知の問題をまとめたリリース情報ページに以下のような項目が追加されています。

IME may become unresponsive or have High CPU usage

Some Input Method Editor (IME) may become unresponsive or may have high CPU usage. Affected IMEs include CHS (Chinese Simplified) and CHT (Chinese Traditional) with Changjie/Quick keyboard.

IMEが反応しなくなったりCPU使用率が高くなったりしてしまうという不具合で、影響を受けるIMEには、Changjie / Quickキーボード使用時のCHS(簡体字中国語)とCHT(繁体字中国語)が含まれるとのことです。

「タッチキーボードおよび手書きパネルサービス」を手動起動タイプに切り替えて、自動実行を防ぐことで不具合を回避できるそうで、詳細な手順はリリース情報ページで確認可能です。

Microsoftは問題の解決に取り組んでおり、今後のリリースでアップデートを提供すると説明しています。

スポンサーリンク