Windows 10 Version 1903ではスタートメニューが独立プロセスで可動する

IBI start2 hero2png

Microsoftが5月に公開する予定のWindows 10の大型アップデート「Windows 10 Version 1903」では、新しいレイアウトの導入や、プロセスの独立化など、スタートメニューに関するさまざまな改良が行われることがわかりました(gHacks)。

MicrosoftがInsider向けに公開したブログ記事「Inspired By Insiders – Start Menu (Part 2)」によると、スタートメニュー使い勝手を改善するための変更として、シンプルな1カラム型のレイアウトが導入されているとのこと。またタイルのグループ全体のピン留めを外すことができる機能も追加され、グループタイトルのメニューアイコンを右クリックし「スタートからグループのピン留めを外す」から実行することが可能となっています。

スタートメニューの安定性とパフォーマンスを改善するための取り組みとしては、スタートメニューが独自のプロセスで実行するように変更されています。これまではスタートメニューはエクスプローラーに一体化されたため、エクスプローラーが反応しなくなった場合、スタートメニューを呼び出すこともできなくなっていましたが、今後はこのような問題が解消されることになります。

スタートメニューのプロセスは「StartMenuExperienceHost.exe」で、タスクマネージャーから確認することも可能です。

S 20190423 110822

スタートメニューは、多くのWindowsユーザーが日々使用する重要な機能であるため、今後もさまざまな改良が行われていくことになりそうです。

スポンサーリンク