Windows 10 version 1909の一般公開は来週か?

Windows 10 File Explorer

Windows 10の機能アップデート「Windows 10 Version 1909(19H2)」の完成が近く、早ければ来週にもリリースされる可能性があるとWindows Latestが伝えています。

Windows Latestが根拠としているのは、プライベートなフォーラムやデータから集めたESD (electronic software delivery)の情報です。

Windows 10 version 1909 Build 18363.356のESDがWindows Server Update Services server上に存在し、これがRTM版なるのではとの予想ですが、Release Previewリングユーザー向けに、これより高い番号のBuild 18363.387が配信されているため、最終的なRTM版がどれになるのかは不明な模様。

Microsoftは10月2日に、Surface関連のイベントを開催するため、同日にWindows 10 Version 1909が発表され、翌日から配信開始となる可能性もあると予想されています。

スポンサーリンク