Windows 10 Version 2004では更新プログラムのダウンロード帯域制限機能が進化

S 20200509 92337

Microsoftが間もなく一般公開する予定のWindows 10の次期機能アップデート「Windows 10 Version 2004」では、更新プログラムのダウンロードに使用する帯域幅の制限機能が改良されている事がわかりました(Windows Latest)。

現在のWindows 10の配信最適化機能では、更新プログラムやストアのダウンロードによって使用される帯域幅をパーセンテージレベルで制限する事ができます。Windows 10 May 2020 Update(Version 2004)では、これに加え「絶対的帯域幅」が指定可能になっているのです。

絶対的帯域幅に値を設定すると、Windows UpdateやMicrosoft Storeによるダウンロードの速度が指定値までに制限され、気づかないうちにネットの帯域幅が全て使われてしまう事を避けられるようになります。なお制限は、バックグラウンドのダウンロード、フォアグラウンドでのダウンロードでそれぞれ指定可能です。

量的な制限があったり、低速なインターネット回線を使用しているユーザーにとって役立つ機能になることが期待できます。

スポンサーリンク