Windows 10 Version 2004の完成は近いかもしれない

Windows 10 logo

Windows 10の最新機能アップデートである「Windows 10 Version 1909」の一般公開が進められているなか、次期バージョンとなる「Windows 10 Version 2004」の完成も近づいているようです。

WindowsCentralのシニアエディターZac Bowden氏が、Version 2004(20H1)が12月中に完成する可能性があると伝えていることが分かりました(Windows Latest)。同氏はMicrosoftが20H1を12月13日までに完成させ、3月あるいは4月の一般公開までSlow/RPリングでテストする計画だと伝えています。

MicrosoftはWindows 10の新しい開発サイクルを検討していると以前から噂されており、その場合春の大型アップデート(H1)は12月に、秋の大型アップデート(H2)は6月にRTM版が完成するスケジュールが採用されるそうです。

これまでよりもRTMの完成からGA(一般公開)までの期間が長くなることになり、大型アップデートによる不具合の発生を抑制できることが期待できます。

スポンサーリンク