公開迫るWindows 10 Version 2004のサポートページが登場

S 20200527 93338

Microsoftは今週の後半、5月26日、27日、28日のいずれかにWindows 10の機能アップデート「Windows 10 May 2020 Update(Version 2004)」を公開すると予想されています。

OEMがドライバーを、機能アップデートやPatch Tuesdayアップデートの前後に公開しないために提供されている、Driver Shiproom Scheduleに掲載されていた情報で、その他の噂情報から考えてもほぼ確実だと見込まれているなか、Windows 10 Version 2004のリリース情報ページが一足早く作成されている事がわかりました(Neowin)。

Windows 10のリリース情報(Release Information)ページには、Windows 10のバージョンごとの既知の不具合がまとめられています。Version 2004用のページの内容は空ですが、次期機能アップデートの公開が差し迫っていることを示す証拠の一つだと考えられます。

Windows 10 May 2020 Updateでは、Windows Subsystem for Linux(WSL2)や、新しいCortanaアプリ、メモ帳の改善など多数の新機能が追加されます。

スポンサーリンク