Windows 10 Version 2004がユーザーの同意なくインストールされた?

Windows 10 logo

Microsoftは現在、Windows 10の機能アップデート「Windows 10 May 2020 Update(Version 2004)」をWindows Updateで段階的に公開しています。

Windows 10 Version 2004はWindows Updateに表示されたとしても、ユーザーが意図的に選択しない場合はインストールされないはずですが、なぜか意図せず自動的にダウンロード、インストールされてしまったと一部ユーザーが報告している事が分かりました(Softpedia)。

AskWoodyのWoody Leonhard氏は、今回の問題はバグが原因で、更新が一時停止されているデバイスで発生している可能性があると推測しています。更新の一時停止設定が期限切れになると、Windows Updateは自動的に更新のチェックを実行し、Windows 10 Version 2004を発見した場合、更新のダウンロードとインストールを続行するのではないかという考えです。

ただし、Microsoftはこの問題に対して明確な返答をしておらず、正確な原因は不目です。

Microsoftがユーザーの意志を無視してアップグレードを提供したのはこれがはじめてでは無く、例えばWindows 10がリリースされた当初、Windows 7/8.1デバイスに対してWindows 10を無理矢理提供した事例がありました。今回の問題は機能アップデートであるため、単なる不具合の可能性が高く、早期の修正が望まれます。

スポンサーリンク