Windows 10 Version 2004のロールアウト範囲が拡大 - サービス期限切れ間近の古いバージョンは自動更新へ

S 20200724 202805

Microsoftは5月末、Windows 10の最新の機能アップデート「Windows 10 May 2020 Update(Version 2004)」の一般提供を開始しました。

最近のWindows 10の機能アップデートは、Windows Updateで「更新プログラムをチェック」を実行してもそのまま導入されず、「ダウンロードとインストール」ボタンをクリックして初めてインストールされるようになっています。

すなわち通常、機能アップデートがシステムに強制的にインストールされることはありませんが、サービスの期限切れが近いバージョンを使っている場合は例外となります。今回これら古いバージョンに対するVersion 2004のロールアウトの範囲が拡大される事が明らかとなりました(gHacks)。

Windows 10 Version 2004のリリース情報ページには7月22日付けで以下のような情報が追加されています。

Current status as of July 22, 2020

Windows 10, version 2004 is available for users with devices running Windows 10, versions 1903 and 1909, who manually seek to “Check for updates” via Windows Update. We are now starting a new phase in our rollout. Using the machine learning-based (ML-based) training we have done so far, we are increasing the number of devices selected to update automatically to Windows 10, version 2004 that are approaching end of service. We will continue to train our machine learning through all phases to intelligently rollout new versions of Windows 10 and deliver a smooth update experience. The recommended servicing status is Semi-Annual Channel.

Windows 10 Version 2004は現在、Version 1903/1909を実行しているデバイスで、Windows Updateの「更新の確認」を手動で実行したユーザーが利用できるとのこと。ロールアウトの新しいフェーズが始まり、機械学習ベースのトレーニングを使用し、サービスの終了が近づいているデバイスの中で、Windows 10 Version 2004へ自動更新する対象を増やしているそうです。

Microsoftは強制アップデートの対象となるWindows 10のバージョンを明示していませんが、2020年11月にサポート期間が終了するVersion 1809がターゲットになる可能性が高いと思われます。

デバイスをWindows 10 Version 2004に自動的にアップグレードしたくない場合、Windows Updateをブロックしたり、サポート期間中の他のバージョン(1909など)に更新する必要があります。

スポンサーリンク