Microsoft、Windows 10 Version 2004で発生する記憶域スペース問題の緩和策を公開

S 20200615 121559

Windows 10の最新の機能アップデート「Windows 10 May 2020 Update(Version 2004)」では、ディスクドライブの管理機能の一つである「記憶域スペース」に関し、既知の問題が存在することが判明しています。

パリティ記憶域スペースを使用しているデバイスを Windows 10 Version 2004にアップグレードすると、記憶域スペースの使用やアクセスに問題が発生する可能性があるという問題で、Microsoftは以前、記憶域スペースを読み取り専用としてマークする回避策を案内していました。

今回この問題に対し、回避策およびファイルの復旧方法を説明するあらたなドキュメントが公開されています(Techdows)。

ドキュメントはすでにWindows 10 Version 2004にアップグレードしていて、パリティ記憶域スペースを使用しているデバイスが対象です。

S 20200703 203130

基本的な回避方法はトラブルシューティングツールを実行するというもので、PowerShellダイアログからコマンドを入力する手動の方法も掲載されています。

さらにファイルの復旧方法として、パリティ記憶域スペースにアクセスできて、ディスクマネージャーでRAWとして表示されない場合にWinFRを使用する方法、およびディスクマネージャーでRAWとして表示されるReFSボリュームでrefsutilツールを使用する方法が案内されています。

具体的な手順はこちらで確認可能です。

スポンサーリンク