Windows 10 Version 2004で「インターネットなし」と表示されるも実際は接続できる最新の不具合が発覚

S 20200720 93158

Windows 10の最新の機能アップデート「Windows 10 Version 2004」ではこれまでに、大小さまざまな不具合が発見されています。今回、Windows 10 Version 2004をインストールした一部のデバイスで「No Internet(インターネットなし)」という情報が表示されるものの、実際はインターネットに接続できるという新たな不具合が報告されている事がわかりました(gHacks)。

TechNetフォーラムには「NCSI taskbar icon may report "no internet" on Windows 10 2004 devices that DO have internet access」と題した以下のような情報が投稿されています。

Customers are reporting "no internet" access in the Network Connectivity Status Indicator (NCSI) on Windows 10 2004 devices on devices that in fact can ping internet resources or browse web sites with internet browsers.

症状は、pingやWebサイトの閲覧が普通にできるWindows 10 Version 2004デバイスのネットワーク接続ステータスインジケーター(NCSI)に「インターネットなし」と表示されるというもの。Microsoftはこの問題を認識しているもののまだ解決しておらず調査中とのことです。

Windows 10では以前も、プロキシやVPN接続を使用している環境で、ネットワーク接続ステータスインジケーターに「接続が制限されているます」とか「接続がありません」と表示される問題が発生していました。

実際はインターネットに接続できることから実害は少なそうですが、ユーザーに混乱を招く問題であることは確かで、早期の修正が望まれます。

スポンサーリンク