Microsoft、Windows 10 Version 2004がOneDriveを破壊することを認める - 回避方法も

S 20200704 100130

Windows 10の最新の機能アップデート「Windows 10 version 2004」を搭載した一部のデバイスで、OneDriveのファイルオンデマンド機能に関する不具合が発生している事が知られています。

今回この問題をMicrosoftが公式に認め、サポートドキュメントを公開したことが分かりました。(gHacks)。

ドキュメントによるとこの問題は、OneDriveアプリからOneDriveに接続できない場合があるというもの。古いデバイス、またはレガシーファイルシステムフィルタードライバーを使用する特定の古いアプリがインストールされているデバイスで発生し、新規にファイルオンデマンドでダウンロードしたり、以前に同期/ダウンロードしたりファイルを開いたりできない場合があるとのことです。

エラーが発生するとエラーダイアログには、以下のようなメッセージが表示されます。

Files On-Demand requires a connection to Windows in order to show your files without taking up space on this device. OneDrive can keep trying to connect to Windows or you can choose to download all your files. You won't be able to use online-only files until this is fixed.

OneDriveはWindowsに接続できません。 ファイルオンデマンドはデバイスのスペースを占有することなくファイルを表示するために、Windowsへの接続を必要とします。 OneDriveはWindowsへの接続を試行し続けることも、すべてのファイルをダウンロードすることもできます。 これが修正されるまで、オンラインのみのファイルを使用することはできません。

「ファイルのダウンロード」ボタンを選択した場合、一部またはすべてのファイルがローカルにダウンロードされている可能性があるとのことです。

回避方法も

この問題を回避する方法は2つあり、一つはWindowsのトラブルシューターを利用するというものです。ファイルオンデマンドの問題を解決するトラブルシューターが公開されたそうで、場合によってはトラブルシューターが自動的に起動することもある模様。トラブルシューターの実行が求められた場合、実行を許可することが推奨されています。

またコマンドプロンプトを使用する手動の方法も存在し、こちらはregコマンドでレジストリ値を変更します。詳細な手順はドキュメントがご確認ください。

Microsoftは完全な修正を開発中で、今後のアップデートで提供される予定です。

スポンサーリンク