Windows 10 Version 2004でスリープモードが動作しなくなる重大な不具合が発生 - 修正方法も

S 20200908 100209

Windows 10 Version 2004用を搭載したデバイスで、スリープモードが正常に動作しない不具合が発生していることがわかりました(Windows Latest)。9月のオプションアップデートが公開された後から発生しており、コンピューターをスリープモードに設定しても自動的に復帰してしまうとのことです。

今回の問題は、Windows Updateに関連するプロセスである「MoUSO Core Worker Process (MoUsoCoreWorker.exe)」がスリープの中断を引き起こしていて、オプションアップデートのインストールが保留されている場合、意図しないウェイクアップが発生する可能性ある模様。

あるユーザーは「蓋を閉めたり、電源ボタン押したり、電源メニューからスリープを選択しても、スリープ状態にならず、朝まで画面が単純にオフになるだけだ」とFeedback Hubで指摘しています。また同様の報告はMicrosoftフォーラムでも確認可能です。

Windows 10 Version 2004のスリープモードの問題を修正

今回発生しているスリープモードの問題を修正する方法として、まずWindows Updateトラブルシューティングツールを使用する方法が提案されています。

これでだめな場合、Windows Updateの設定で、更新と再起動をスケジュールし意図しない時間帯に更新サービスが実行されないように変更する方法もあります。設定変更後コンピューターを再起動してスリープモードが正常に実行できる
か確認します。

さらに、Windows Updateサービスを再起動して保留中の更新プログラムをインストールする方法も存在します。

以下の手順です。

  • スタートメニューで「Services.msc」を検索して実行。
  • サービスウィンドウで「Windows Update」サービスを探す。
    S 20200908 100344
  • 右クリックして「停止」後に「開始」を選択。その後「再起動」を実行。
  • Windows Updateで更新をチェックし、保留中の更新プログラムをインストールしてデバイスを再起動する。

ただしこれらの回避策は一時的なもので、問題が再発する可能性もあるようです。

スポンサーリンク