Windows 10 Version 20H2の既知の不具合はこちら

S 20201022 203314

Microsoftは先日、Windows 10の機能アップデート「Windows 10 October 2020 Update(20H2)」の一般提供を開始しました。

Windows 10 Version 20H2は現在、Windows Updateで段階的なロールアウトが行われている状態で、全てのユーザーに対して公開されているわけではありませんが、早速インストールしようと考えている方は、事前に20H2の既知の不具合をチェックしておいた方がよいかもしれません。

Windows 10 Version 20H2の既知の不具合のリストはWindows 10 release informationページにまとめられており、記事執筆時、以下の4件(1件は解決済み)となっています。

  • サードパーティ製ドライバをインストールすると「Windowsはこのドライバソフトの発行元を確認できません」と表示される場合がある: 10月20日づけで解決。
  • 特定のConexantオーディオドライバを使用したデバイスのアップデート中またはアップデート後のエラー: ConexantまたはSynapticsオーディオデバイス用の特定のバージョンのドライバとWindows 10 Version 2004との間の互換性の問題。調査中。
  • Conexant ISSTオーディオドライバを使用したデバイスのアップデート中またはアップデート後のエラー: Conexant ISSTオーディオドライバとWindows 10 Version 2004の間の互換性の問題。調査中。
  • 日本語および中国語IME使用時の問題: 日本語または中国語のMicrosoft IMEを使用すると入力時に問題が発生したり、テキストが入力できなかったりすることがある。KB4564002に緩和策あり。

他にも不具合が存在する可能性はありますが、20H2に早期アップグレードする予定がある方は事前にチェックしておくことをおすすめします。

スポンサーリンク