Windows 10 Version 20H2の正式リリースがまた一歩近づく

Windows 10 version 20h2 moves a step closer to release 530881 2

Microsoftは現在、Windows 10の次期機能アップデート「Windows 10 Version 20H2」のリリースの準備を進めています。新バージョンのRTMビルドは9月に完成し、一般公開は10月あるいは11月になるのではないかと予想されているなか、Windows 10 Version 20H2がWindows Insider Programの一部ユーザーにいち早く提供されていたことがわかりました(Softpedia)。

TwitterでユーザーがWindows Update画面のスクリーンショットを公開していますが、そこに「Feature update to Windows 10, version 20H2」という項目が表示されていることがわかります。

Windows 10 Version 20H2はVersion 2004のマイナーバージョンアップ版で、Version 1903に対する1909と同様に、機能有効化パッケージによって新機能が有効になるシステムが採用されます。このためVersion 2004から20H2へのアップグレードは短時間で完了し、両方のバージョンに同じ更新プログラムが提供されると見込まれます。

スポンサーリンク