Microsoft、Windows 10 Version 20H2をゆっくり提供中

S 20201027 201815

Microsoftは先日、Windows 10の機能アップデート「Windows 10 October 2020 Update(Version 20H2)」の一般提供を開始しました。

Windows 10 Version 20H2は現在、Windows Updateで更新プログラムを手動でチェックしたユーザー、いわゆるシーカー向けに提供が行われている段階ですが、全てのユーザーが一律で入手できるわけではありません。アップグレードブロックが設定されていない環境でも提供されない可能性があることMicrosoftは説明しています(MSPoweruser)。

Windows 10のリリース情報ページには、20H2の現在の状況として以下のような内容が掲載されています。

Current status as of October 20, 2020

Windows 10, version 20H2 is available for users with devices running Windows 10, versions 1903 and higher who manually seek to “Check for updates” via Windows Update. The recommended servicing status is Semi-Annual Channel.

Windows 10、version 20H2は、Windows 10、version 1903以上のデバイスを搭載しているユーザーが、Windows Updateで手動で「アップデートの確認」を実行した場合に利用できます。推奨されるサービスステータスはSemi-Annual Channelです。

Note We are slowly throttling up availability over the coming weeks to ensure a reliable download experience. As a result, the update may not be offered to you right away. For more details, see How to get the Windows 10 October 2020 Update.

注意: 信頼性の高いダウンロード環境を確保するために、今後数週間の間に利用可能性を徐々に調整していきます。その結果、アップデートがすぐに提供されない場合があります。詳細については、「Windows 10 October 2020 Updateを取得する方法」を参照してください。

Microsoftは、信頼性の高いダウンロード環境を確保するためゆっくりと公開を進めていると説明していますが、先行してインストールしたユーザーからのフィードバックを検証しつつ提供範囲を拡大するという、最近の機能アップデートの公開戦略を踏襲したものといえそうです。

Windows 10 Version 20H2はVersion 2004のマイナーバージョンアップ版ですが、現在既知の2件の不具合が存在し、原因を調査している状態となっています。

スポンサーリンク