Windows 10アップグレード問題についに消費者庁が動く!異例の通達を公開へ

S 2016 06 22 22 45 07

現在Windows 7/8.1ユーザーに対して期間限定で提供されているWindows 10への無償アップグレード。セキュリティが向上した最新OSが無料で利用できるチャンスですが、中には意図しないアップグレードが発生し、困ってしまっている方もいるかもしれません。

このようななか消費者庁は6月22日、「Windows 10 への無償アップグレードに関し、確認・留意が必要な事項について(PDF)」と題した、Windows 10へのアップグレードに注意を呼びかける文書を公開しました(朝日新聞)。

文書によるとWindows 10へのアップグレードで以下のような問題が発生するおそれがあるとされています。

  • 誤ってアップグレード中に電源を切ったため、パソコンが起動しなくなるなどの不具合が生じた
  • ソフトウェア(例:ウィルス対策ソフト、会計ソフト)、周辺機器(例:プリンタ、外付け DVD ドライブ)が Windows 10 に対応していないため、使えなかった
  • パソコンが古かったため、正常に動作しないなどの不具合が生じた

またWindows 10への更新通知ダイアログを使った、正しいアップグレードのキャンセル方法も掲載されています。気になる方は確認してみてはいかがでしょうか。

なお「同庁が個別企業の商品・サービスに関して注意点を示すのは、欠陥に伴うリコールや悪質商法を除けば異例」とのこと。

スポンサーリンク