Windows 10Xはデスクトップとモバイルの融合

Users call for microsoft to bring the windows 10x start button to windows 10 527709 2

Microsoftは2020年、「Surface Neo」のような2画面折りたたみ型の端末に最適化された新しいOS「Windows 10X」を公開する予定です。

Windows 10Xは、Windows 10をベースとしながらも、2画面デバイスの向けの各種機能が搭載され、スタートメニューが「ランチャー」に、アクションセンターが「クイックアクション」に置き換えらるなどの変更が加えられていますが、この新OSが、Windows Core OS (WCOS)の一部で、モバイル端末向けの機能が組み込まれているのではないかとWindows Latestが指摘しています。

根拠となっているLinkedInの求人情報です。Microsoftは、WCOS (Windows Core OS)が、デスクトップとモバイルテクノロジーを融合する大きなチャレンジであると説明しています。

WCOS challenges us to push forward, as we merge Desktop scenarios with Mobile technology, which presents both great opportunities and challenges

なお求人情報は、デスクトップやサーバーを含むWindowsデバイスでイノベーションを提供するための開発者を募集するものですが、興味深いことにMicrosoftはサポートされているデバイスの一つとして、デスクトップ、サーバー、HoloLensのほかに、「ModernPC」があると言及しています。

「ModernPC」が、WCOSが動作する新たなデバイスを指しているのか、あるいは「Surface Neo」のような2画面デバイスのことなのか詳細は不明です。

スポンサーリンク