Windows 10Xの内部文書から詳細がリーク - スタートメニューの名前はランチャーか

Windows 10 x launcher

Microsoftは現在、2画面折りたたみデバイスに最適化された新たなオペレーティングシステム「Windows 10X」を開発中です。

Windows 10Xは2020年発売予定のSurface Neoに搭載されてお披露目されると見込まれている中、Microsoftの社内文書がリークし、Windows 10xの詳細が明らかとなったことがわかりました(Windows Central)。

同文書によるとWindows 10Xの新しいスタートメニューは「ランチャー」と呼ばれ、デバイスおよびOneDrive上のファイルを検索することができる検索バーを搭載しているとのこと。ローカルアプリとWebアプリがまとめて表示されることで使い勝手が改善されているそうです。

Windows 10 x logon

また新しいアクションセンターやクイックアクションのデザインが採用され、通知はクリックアクションエリアから分離される模様。ただしエントリポイントから通知にアクセスしやすい工夫も行われています。タスクバーは設定で中央揃えから従来の左揃えに変更することも可能なようです。

さらにWindows 10Xに同梱されるアプリの一覧や、OfficeがUWPにラップされたPWAバージョンになることなどなどさまざまな情報が明らかとなっています。

もちろんWindows 10Xはまだ完成しておらず、今後ドキュメントと異なる変更が加えられる可能性がありますが、興味深い情報となっています。

スポンサーリンク