Microsoft、2画面デバイス向けのの新OS「Windows 10X」を発表 - 2020年末のSurface Neoに搭載

Microsoftsurfaceneo2

Microsoftは本日開催されたSurfaceイベントで、2画面デバイス向けの新OS「Windows 10X」を発表しました(Softpedia窓の杜)。

「Windows 10X」はWindows 10のバリエーションで、2つの画面を持つ、折りたたみ型デバイス向けの機能が搭載されています。

デバイスを見開きスタイルで使用する場合、左右に異なるアプリを表示したり、1つのアプリのリストとコンテンツを左右に分けて表示するといったことが可能です。ラップトップスタイルでは、セカンドディスプレイの上にキーボードを重ねて使用し、キーボードの位置によってセカンドディスプレイに表示する内容を変更することもできます。

スタートメニューやタスクバーのデザインも変更され、スタートメニューからライブタイルが廃止されるなどよりシンプルなデザインとなっています。

Windows 10Xは、2020年末に発売されるSurface Neo以外にも、ASUSやDELL、HP、Lenovoといったメーカーから発売される2画面デバイスに搭載される予定です。

スポンサーリンク