Windows 10XのWin32アプリのパフォーマンスに危険信号

Windows 10X Launcher

Microsoftは現在、新しいオペレーティングシステム「Windows 10X」を開発中です。

Windows 10Xは安全な読み取り専用のOSとして設計されており、Win32、UWP、PWAなどの各種アプリは、Windows 10X上の独自のコンテナで実行され、マルウェアやファイルの破壊などの危険性からシステムを保護する事が可能となっているのです。

コンテナは、基本的には統合性やレイテンシが向上した仮想マシンで、専用のカーネルやドライバ、レジストリを搭載し、Win32コンテナの中では、システムユーティリティや、ブラウザ、古いゲームなどすべてのWin32アプリを実行することが可能です。

WindowsユーザーにとってWin32アプリがこれまで同様に使用できるのは、Windows 10Xの大きな魅力の一つですが、Microsoftが仮想化されたWin32アプリのパフォーマンスの問題に苦戦している事がわかりました(Windows Latest)。

Win32 apps container

コンテナ内で実行した際、すべてのレガシーアプリのパフォーマンスが劣化するわけではないものの、画面共有などの基本的な機能を提供するものでも、ネイティブで実行した場合と比較すると、同様の速度で動作できないものがあるようです。

またWin32アプリの互換性のレベルもまだ高くなく、ファイルエクスプローラーの一部の拡張が動作しなくなったり、Win32アプリを最小化すると通知を送信できなくなったりという制限が存在します。さらにキーボード、マウス、ウィンドウフックを適用できずユーザー独自のカスタマイズが不可能になるという問題も残っています。

Windows 10XがWindows RTやWindows 10 Mobileのような中途半端なOSにならないためには、コンテナのパフォーマンスを可能な限り改良する事が必要となりそうです。

スポンサーリンク