古い要素と新しい要素をミックスした「Windows 7 2020エディション」のコンセプト

S 20200916 201643

Microsoftのオペレーティングシステム「Windows 7」は、2020年1月14日にサポート期間が切れました。

現在、有償サポートに加入している企業ユーザー以外はセキュリティアップデートを受けることはできず、個人が使用するには適さない状態ですが、デスクトップに最適化された最後のWindowsとして一部ユーザーの間で根強い人気を保っているようです。

このWindows 7が2020年まで順当に進化していなかったかを想像できるコンセプト動画「Windows 7 2020 Edition」が、デザイナーKamer Kaan Avdan氏によって作成され、YouTubeで公開されています(Softpedia)。

コンセプトで具現化されたWindows 7は、Windows 7本来の機能やUIに、モダンな要素を上手くミックスしたものとなっています。Aeroスタイルやスタートメニューはより洗練されたデザインに更新され、ファイルエクスプローラーにはWindows 10でもいまだに実現していないタブ機能が追加されています。

S 20200916 202850

またライブタイルの代わりにデスクトップガジェットが使用可能で、天気やカレンダー等のちょっとした情報をデスクトップで直接確認することが可能となっています。

Windows 7からWindows 8、さらにはWindows 10へとWindowsの外観は大幅に変わってしまいましたが、Windows 7が斬新的に進化していたとしたら、このコンセプトデザインに近いOSになっていたのかもしれません。

スポンサーリンク