Windows 7の拡張セキュリティ更新プログラムチェックをバイパスする方法が見つかる?

Windows7

Windows 7のサポート期間は2020年1月14日に終了します。

その後も組織や企業向けに、有料の拡張セキュリティ更新プログラム(Extended Security Update = ESU)が提供される計画ですが、一般ユーザー向けのプランは存在しません。

そのようななか、My Digital Lifeフォーラムのユーザーが、ESUのチェックをバイパスし更新をアップデートする方法を発見したことがわかりました(gHacksSoftpedia)。

ただし検証はMicrosoftが配布しているESUのテストプログラムで行われたもので、2020年1月以降の更新プログラムが実際に受け取れるものかどうかは不明な状況です。

フォーラムで配布されているプログラムをインストールすると、検証チェックが常に真を返すようになり、ESUのインストールが可能になる模様。興味深いことにWindows 7 Home/Starter/Ultimateなど、ESUデ本来サポート予定にないWindows 7のエディションも、更新プログラムを受け取れることができるようになるようです。

なおこの方法を実際に使用する事はライセンス違反にあたる可能性もあるためご注意ください。

スポンサーリンク