Windows 7を来年以降も使い続けるために必要なコストが判明

NewImage

現在も多くのユーザーが使用しているWindows 7ですが、来年2020年1月14日には延長サポート期間が終了し、更新プログラムの提供も終わります。

一般消費者や中小企業のユーザー(ボリュームライセンスを使用していないユーザー)はこれを回避する方法はありませんが、Microsoftはボリュームライセンスを使用している大企業ユーザーに対してWindows 7の有料サポートする計画を明らかにしており、今回この価格が判明しています(gHacks)。

著名なMicrosoftウォッチャーMary Jo Foley氏が明らかにした情報によると、Windows 7の有料サポート料金は以下の通りです。

Windows 7 Professional:

  • 1年目: 50ドル/デバイス
  • 2年目: 100ドル/デバイス
  • 3年目: 200ドル/デバイス

Windows 7 Enterprise:

  • 1年目: 25ドル/デバイス
  • 2年目: 50ドル/デバイス
  • 3年目: 100ドル/デバイス

有料サポートはWindows 7の無償サポート期間が終了する2020年の1月から始まり2023年の1月に終了します。2年目のサポート受けたい場合は1年目の期間中に、3年目のサポートを受けたい場合は2年目中の期間にサポート料金を支払っているという実績が必要です。

最低限必要なライセンス数は設定されていないようですが、Microsoftがボリュームライセンスの「アクティブな顧客」と認定されない限り契約できない模様です。

一般ユーザーにとってはあまり関係のない情報ですが、Windows 7はまだしばらく大企業や組織の中で生き残っていくことになるのかもしれません。

スポンサーリンク