Windows 7のサポート期間が残り1年を切る

NewImage

現在も多くのユーザーによって使用されているWindows 7のサポート期間が、記事執筆時残り1年を切りました(ご存じですか? OS にはサポート期限があります!MSPoweruser)。

Eos chart03

Windows 7のメインストリームサポート期間はすでに終了していて、現在は延長サポート期間に突入。それも2020年1月14日には終了します。サポート期間終了後は、セキュリティ更新プログラムや、有償サポートを含むすべてのサポートが受けられなくなるため、Microsoftはサポート終了に備え、最新のWindows 10環境への移行を推奨しています。

なお個人のWindows 7/8.1ユーザー向けのWindows 10無償アップグレード権の提供はすでに終了していますが、企業ユーザーはMicrosoft 365 Businessプランを契約することで、Windows 7/8.1からWindows 10に無償アップグレード可能とのこと。

スポンサーリンク