Windows 7の月例品質ロールアップKB4093118がインストールできない問題が発覚

NewImage

Microsoftは4月10日(現地時間)、Windows 7用の月例品質ロールアップKB4093118を公開しました。

月例更新プログラムのインストールに失敗するという問題は、通常Windows 10で多く報告されている問題ですが、今回はこのWindows 7用の更新プログラムでも同様の不具合が発生している模様です。

ComputerworldのWoody Leonhard氏は、KB4093118をインストールしようとすると無限ループが発生し、インストールプロセスが完了せずシステム再起動後に毎回更新プログラムが表示されてしまうと症状をレポートしています。

これはWindows 10の累積アップデートがインストールできない不具合と似た症状ですが、場合によってはデスクトップに復帰できず、セーフモードを利用して変更を元に戻す必要があると報告しているユーザーも存在し、より酷い状態だといえるかもしれません。

現在解決策は提示されておらず、更新プログラムを完全に削除し、再起動後に再度表示されないように該当の更新プログラムを非表示にするしか回避策はないとのことです。Microsoftは問題を認識しておらず、このままだと5月の品質ロールアップまで解決を待つ必要があるかもしれません。

スポンサーリンク