Microsoft、Windows 7/8.1用の月例品質ロールアップKB4093118 、KB4093114 等を公開

S 20180214 105550

Microsoftは4月10日(現地時間)、月例更新の一環として、Windows 7 SP1/Widnows 2008 R2 SP1用の月例品質ロールアップKB4093118とセキュリティオンリーアップデートKB4093108を公開しました。

同事にWindows 8.1/Windows Server 2012 R2用の月例品質ロールアップKB4093114とセキュリティオンリーアップデートKB4093115も公開されています。

なお月例品質ロールアップはこれまで、一部アンチウィルスソフトとの互換性をチェックするために、レジストリの"HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\QualityCompat\cadca5fe-87d3-4b96-b7fb-a231484277cc" をチェックしていましたが、今回のアップデートよりその制限が撤廃されています。

更新プログラムは、Windows Updateまたは、Microsoft Updateカタログを利用してインストールすることが可能で、それぞれの更新プログラムの変更点は以下の通りとなっています。

KB4093118 (Monthly Rollup)

Windows 7 SP1/Widnows 2008 R2 SP1用の月例ロールアップKB4093118では、更新プログラムインストール時のレジストリチェックの廃止や、カーネルの信頼性の向上、Internet Explorerで発生するActiveXによって生成されたコンテンツの印刷に関する問題の修正などが行われています。

  • Windows Update and WSUS will offer this update to applicable Windows client and server operating systems regardless of the existence or value of the "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\QualityCompat\cadca5fe-87d3-4b96-b7fb-a231484277cc" registry setting. This change has been made to protect user data. 

  • Improves reliability in the kernel, and addresses an issue that can cause applications to have unexpected memory contents on multiprocessor systems.

  • Addresses an issue with printing content generated by ActiveX in Internet Explorer.
  • Addresses an access violation on certain pages in Internet Explorer when it renders SVGs under high load.
  • Addresses an issue that, in some instances, prevents Internet Explorer from identifying custom controls.
  • Addresses a stop error that occurred when the previous month’s update was applied to a 32-bit (x86) computer with a Physical Address Extension (PAE) mode disabled.
  • Security updates to Internet Explorer, Microsoft scripting engine, Microsoft graphics component, Windows Server, Windows datacenter networking, Windows virtualization and kernel, and Windows app platform and frameworks.

KB4093114 (Monthly Rollup)

Windows 8.1/Windows Server 2012 R2用の月例品質ロールアップKB4093114では、更新プログラムインストール時のレジストリチェックの廃止やInternet Explorerで発生するActiveXによって生成されたコンテンツの印刷に関する問題の修正、高負荷にSVGをレンダリングしている際、Internet Explorer上で特定のページで発生するアクセスバイオレーションの修正などが行われています。

  • Windows Update and WSUS will offer this update to applicable Windows client and server operating systems regardless of the existence or value of the "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\QualityCompat\cadca5fe-87d3-4b96-b7fb-a231484277cc" registry setting. This change has been made to protect user data. 
  • Addresses an issue with printing content generated by ActiveX in Internet Explorer.
  • Addresses an access violation on certain pages in Internet Explorer when it's rendering SVGs under high load.
  • Addresses an issue that, in some instances, prevents Internet Explorer from identifying custom controls.
  • Security updates to Internet Explorer, Microsoft scripting engine, Microsoft graphics component, Windows Server, Windows kernel, Windows datacenter networking, Windows Hyper-V, Windows virtualization and kernel, and Windows app platform and frameworks.

その他の製品のセキュリティアップデートの内容はMicrosoftのブログなどから参照することができます。

スポンサーリンク