Windows 7/8.1用の月例品質ロールアップKB4489878とKB4489881が公開

S 20180214 105550

Microsoftは本日、月例更新の一環としてWindows 7 SP1/Widnows 2008 R2 SP1用の月例品質ロールアップKB4489878とセキュリティオンリーアップデートKB4489885を公開しました。

同時にWindows 8.1/Windows Server 2012 R2用の月例品質ロールアップKB4489881とセキュリティオンリーアップデートKB4489883、Windows Server 2012用の月例品質ロールアップKB4489891とセキュリティオンリーアップデートKB4489884も公開されています。

更新プログラムは、Windows Updateまたは、Microsoft Updateカタログを利用してインストールすることが可能で、それぞれの変更点は以下の通りとなっています。

KB4489878 (Monthly Rollup)

Windows 7 SP1/Widnows 2008 R2 SP1用の月例品質ロールアップKB4489878では、イベントビューアにネットワークインタフェースカード(NIC)のイベントの説明が表示されないという問題の修正や、Internet Explorer、Windows App PlatformとFrameworks、Windows Cryptographyなど各種Windowsコンポーネントのセキュリティ更新が行われています。

  • Addresses an issue that may prevent the Event Viewer from showing some event descriptions for network interface cards (NIC).
  • Security updates to Internet Explorer, Windows App Platform and Frameworks, Windows Cryptography, Windows Hyper-V, Windows Storage and Filesystems, Windows Fundamentals, Windows Server, Windows Kernel, Windows MSXML, and the Microsoft JET Database Engine .

更新プログラムにはIE 10の認証に関する既知の不具合が存在します。詳細および回避方法は上記リンクから確認可能です。

更新プログラムはMicrosoft Update Catalogからダウンロードすることもできます。

KB4489881 (Monthly Rollup)

Windows 8.1/Windows Server 2012 R2用の月例品質ロールアップKB4489881では、特定のMSI/MPIファイルをインストール・アンインストールする際に“Error 1309”が発生する不具合の修正、サーバーが応答しなくなる原因となる仮想メモリリークおよびCMNBタグを使用したページプールの枯渇の問題の修正、Internet Explorer、Windows App PlatformとFrameworks、Hyper-Vなど各種Windowsコンポーネントのセキュリティ更新が行われています。

  • Addresses an issue that may cause users to receive “Error 1309” while installing or uninstalling certain types of MSI and MSP files.
  • Addresses an issue with a virtual memory leak and the depletion of the paged pool with the CMNB tag that cause the server to become unresponsive.
  • Security updates to Internet Explorer, Windows App Platform and Frameworks, Windows Hyper-V, Windows Storage and Filesystems, Windows Fundamentals, Windows Kernel, Windows Server, Windows MSXML, and the Microsoft JET Database Engine .

更新プログラムには、IE 11の認証に関する既知の不具合が1件存在します。

更新プログラムはMicrosoft Update Catalogからダウンロードすることもできます。

スポンサーリンク