Windows 7/8.1用の月例品質ロールアップKB4499164とKB4499151などが公開 - 2019年5月の月例更新

S 20180214 105550

Microsoftは本日、月例更新の一環として、Windows 7、8.1、Windows Server 2012など対し、月例品質ロールアップとセキュリティオンリーアップデートを公開しました。

公開された更新プログラムは以下の通りです。

  • Windows 7 SP1/Widnows 2008 R2 SP1用の月例品質ロールアップ: KB4499164
  • Windows 7 SP1/Widnows 2008 R2 SP1用のセキュリティオンリーアップデート: KB4499175
  • Windows 8.1/Widnows 2002 R2用の月例品質ロールアップ: KB4499151
  • Windows 8.1/Widnows 2002 R2用のセキュリティオンリーアップデート: KB4499165
  • Windows Server 2012用の月例品質ロールアップ: KB4499171
  • Windows Server 2012用のセキュリティオンリーアップデート: KB4499158

更新プログラムは、Windows Updateまたは、Microsoft Updateカタログを利用してインストールすることが可能で、それぞれの変更点は以下の通りとなっています。

KB4499164 (Monthly Rollup)

Windows 7 SP1/Widnows 2008 R2 SP1用の月例品質ロールアップKB4499164では、64bit Windowsの各バージョンに対する、Microarchitectural Data Samplingと呼ばれる投機的実行サイドチャネル脆弱性に対する保護の提供や、Microsoft Visual Studioシミュレーターが起動できない問題の修正、MS UIゴシックまたはMS Pゴシックを使用しているときに、テキスト、レイアウト、セルサイズがMicrosoft Excelで予想される幅より狭くなったり広くなったりすることがあるという問題の修正などが行われています。

  • Provides protections against a new subclass of speculative execution side-channel vulnerabilities, known as Microarchitectural Data Sampling, for 64-Bit (x64) versions of Windows (CVE-2019-11091, CVE-2018-12126, CVE-2018-12127, CVE-2018-12130). Use the registry settings as described in the Windows Client and Windows Server articles(These registry settings are enabled by default for Windows Client OS editions, but disabled by default for Windows Server OS editions).
  • Addresses an issue that prevents the Microsoft Visual Studio Simulator from starting.
  • Addresses an issue that may prevent applications that rely on unconstrained delegation from authenticating after the Kerberos ticket-granting ticket (TGT) expires (the default is 10 hours).
  • Addresses an issue that may cause the text, layout, or cell size to become narrower or wider than expected in Microsoft Excel when using the MS UI Gothic or MS PGothic fonts. 
  • Security updates to Windows App Platform and Frameworks, Microsoft Graphics Component, Windows Storage and Filesystems, Windows Cryptography, Windows Wireless Networking, Windows Kernel, Windows Server, and the Microsoft JET Database.

更新プログラムには以下の既知の不具合が存在します。

  • 特定のMcAfeeのアンチウイルスソフト製品が存在する環境で、更新プログラム適用後にシステムの起動が遅くなったり反応しなくなったりする

回避策はKBページでご確認ください。

アップデートはWindows Update経由で自動的にインストールされますが、Microsoft Update Catalogからファイルダウンロードすることもできます。

KB4499151 (Monthly Rollup)

Windows 8.1/Widnows 2002 R2用の月例品質ロールアップKB4499151では、64bit Windowsの各バージョンに対する、Microarchitectural Data Samplingと呼ばれる投機的実行サイドチャネル脆弱性に対する保護の提供や、.msiファイルおよび.mspファイルを仮想ドライブにインストールまたはアンインストールするときに「Error 1309」が発生する可能性がある問題の修正、MS UIゴシックまたはMS Pゴシックを使用しているときに、テキスト、レイアウト、セルサイズがMicrosoft Excelで予想される幅より狭くなったり広くなったりすることがあるという問題の修正などが行われています。

  • Provides protections against a new subclass of speculative execution side-channel vulnerabilities, known as Microarchitectural Data Sampling, for 64-Bit (x64) versions of Windows (CVE-2019-11091, CVE-2018-12126, CVE-2018-12127, CVE-2018-12130). Use the registry settings as described in the Windows Client and Windows Server articles(These registry settings are enabled by default for Windows Client OS editions, but disabled by default for Windows Server OS editions).
  • Addresses an issue that may cause “Error 1309” while installing or uninstalling certain types of .msi and .msp files on a virtual drive.
  • Addresses an issue that prevents the Microsoft Visual Studio Simulator from starting.
  • Adds "uk.gov" into the HTTP Strict Transport Security Top Level Domains (HSTS TLD) for Internet Explorer and Microsoft Edge.
  • Addresses an issue that may cause the text, layout, or cell size to become narrower or wider than expected in Microsoft Excel when using the MS UI Gothic or MS PGothic fonts. 
  • Security updates to Windows App Platform and Frameworks, Microsoft Graphics Component, Windows Storage and Filesystems, Windows Cryptography, Windows Datacenter Networking, Windows Wireless Networking, Windows Kernel, and the Microsoft JET Database Engine.

更新プログラムには以下の既知の不具合が存在します。

  • 特定の構成のWDSサーバーからPreboot Execution Environment(PXE)を使用してデバイスを起動する場合に接続が停止する場合がある
  • 特定の操作をクラスター共有ボリューム上のファイルやフォルダーに対して実行すると「STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL (0xC00000A5)」が発生する
  • 特定のMcAfeeのアンチウイルスソフト製品が存在する環境で、更新プログラム適用後にシステムの起動が遅くなったり反応しなくなったりする

回避策はKBページでご確認ください。

アップデートはWindows Update経由で自動的にインストールされますが、Microsoft Update Catalogからファイルダウンロードすることもできます。

スポンサーリンク