Microsoft、Windows 7用の無料アンチウイルスソフトの更新を来月終了へ

S 20191210 195516

Microsoftのオペレーティングシステム「Windows 7」のサポートが来月終了します。

とはいえWindows 7は現在も高いシェアを保ち、サポート期間後も一定の割合のユーザーが引き続き使用することが予想されるなか、セキュリティを確保するために重要な、Microsoft製の無料アンチウイルスソフト「Microsoft Security Essentials(MSE)」の更新も同時に終了する予定であることが分かりました(Softpedia)。

Microsoftが、Windows 7の拡張セキュリティアップデート(Extended Security Updates)に関する情報をまとめたサポートページ「FAQ about Extended Security Updates for Windows 7」の中に以下のような項目が含まれています。

Will Microsoft Security Essentials (MSE) continue to protect my computer after the end of support?

No, your Windows 7 computer is not protected by MSE after January 14, 2020. MSE is unique to Windows 7 and follows the same lifecycle dates for support. Learn more about MSE.

「MSEが(Windows 7の)サポート期間の終了後も引き続きPCを保護するか?」という質問に対し、「2020年1月14日以降はMSEでは保護されない(MSEのサポート期間はWidnows 7と同じになる)」との回答が掲載されています。

サポート期間終了後もWindows 7を使い続ける場合、Windows 7のサポート期間の終了後も更新を提供する意向を示している、Avast Antivirusのようなアンチウィルスソフトも準備しておく必要もありそうです。

スポンサーリンク