Windows 7でシャットダウンや再起動が出来なくなる新たな不具合が発生中

Win7 wallpaper large

Windows 7のサポート期間は1月14日に終了しましたが、ユーザーは新たなバグに遭遇しているようです。デスクトップの壁紙が黒一色になってしまうという不具合(修正プログラム提供済み)に続き、今回はシステムをシャットダウンしたり再起動したりすることができなくなるという不具合が発生していることがわかりました(ZDNet)。

今回の問題は各所のフォーラムに具体的な症状が報告されており、不具合が発生すると、シャットダウンしたり再起動しようとしたりするタイミングで「このコンピューターをシャットダウンする権限がありません」というプロンプトが毎回表示される模様。

とりあえずの回避方法

幸い今回の問題に対し、Redditにはいくつかの回避策がすでに投稿されています。例えば以下の手順を実行すれば良いようです。

  • 他の管理者アカウントを作成する。
  • そのアカウントでログインする。
  • デフォルトのアドミンアカウントでログインしなおす。
  • 普通にシャットダウンまたは再起動する。

より恒久的な回避方法

またアンチウィルスソフト企業のQuick Healは、より恒久的に効果のある手順を公開しています。

  • Win+Rで「ファイル名を指定して実行」を開く。
  • gpedit.mscと入力してエンターを押す。
  • グループポリシーエディタで「コンピューターの構成 > Windowsの設定 > セキュリティの設定 > ローカルポリシー > セキュリティオプション」を選択。
  • セキュリティオプションの右側のパネルで「ユーザーアカウント制御: 管理者承認モードですべての管理者を実行」をダブルクリック。
  • 開いたウィンドウで「有効」を選択。
  • 再度「ファイル名を指定して実行」を開き、「gpupdate /force」と入力してエンターを押す。
  • 再起動やシャットダウンが正常になる。

サポートドキュメントでQuick HealはUACに関連した不具合だと指摘していますが、Microsoftはまだ不具合に対してコメントを発表しておらず、正確な原因は明らかになっていません。

Windows 7はサポート期間が終了しており、今回の不具合に対する修正パッチが公開されるかどうかも不明な状況です。

スポンサーリンク