Widnows 7/8.1の月例品質ロールアッププレビューKB4499178とKB4499182が公開 - 元号関連のさらなる修正も

S 20180214 105550

Microsoftは5月23日(現地時間)、Widnows 7の月例品質ロールアップのプレビュー版KB4499178と、Windows 8.1の月例品質ロールアップのプレビュー版KB4499182を公開しました。

更新プログラムは、次回の月例品質ロールアップで導入される修正を事前に確認するために提供されているオプション扱いのアップデートとなっています。

Windows UpdateまたはMicrosoft Update Catalogを利用してインストールすることが可能です。

KB4499178 (Preview of Monthly Rollup)

Windows 7 SP1、Windows Server 2008 R2 SP1用の更新プログラムKB4499178では、日本語の短い日付形式で日付の区切り文字を正しく設定するための修正や、モロッコのタイムゾーン情報の更新、Universal C Runtimeに含まれる_stricmp()のパフォーマンスの改良などが行われています。

  • Addresses an issue to set the date separator properly in the Japanese short date format. For more information, see KB4469068
  • Updates time zone information for Morocco. 
  • Updates time zone information for the Palestinian Authority. 
  • Improves performance related to case-insensitive string comparison functions such as _stricmp() in the Universal C Runtime. 
  • Addresses an issue that may cause event 7600 in the Domain Name System (DNS) server event log to contain an unreadable server name. 
  • Addresses an issue that causes applications built with the Universal CRT (UCRT) to receive the missing export message, “__C_specific_handler_noexcept”.
  • Addresses a rare issue that prevents fmod() from returning “-0” when expected.

更新プログラムには以下の既知の不具合が存在します。

  • 特定のMcAfeeのアンチウイルスソフト製品が存在する環境で、更新プログラム適用後にシステムの起動が遅くなったり反応しなくなったりする

回避策はKBページでご確認ください。Windows Updateのほか、Microsoft Update Catalogからファイルをダウンロードすることもできます。

KB4499182 (Preview of Monthly Rollup)

Windows 8.1、Windows Server 2012 R2用の更新プログラムKB4499182では、日本語の短い日付形式で日付の区切り文字を正しく設定するための修正や、モロッコのタイムゾーン情報の更新、Universal C Runtimeに含まれる_stricmp()のパフォーマンスの改良などが行われています。

  • Addresses an issue to set the date separator properly in the Japanese short date format. For more information, see KB4469068
  • Updates time zone information for Morocco. 
  • Updates time zone information for the Palestinian Authority. 
  • Improves performance related to case-insensitive string comparison functions such as _stricmp() in the Universal C Runtime. 
  • Addresses an issue that may cause Multipath I/O (MPIO) to become unresponsive. 
  • Addresses an issue that may cause event 7600 in the Domain Name System (DNS) server event log to contain an unreadable server name.
  • Addresses an issue that causes applications built with the Universal CRT (UCRT) to receive the missing export message, “__C_specific_handler_noexcept”.
  • Addresses a rare issue that prevents fmod() from returning “-0” when expected.

更新プログラムには以下の既知の不具合が存在します。

  • 特定の構成のWDSサーバーからPreboot Execution Environment(PXE)を使用してデバイスを起動する場合に接続が停止する場合がある
  • 特定の操作をクラスター共有ボリューム上のファイルやフォルダーに対して実行すると「STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL (0xC00000A5)」が発生する
  • 特定のMcAfeeのアンチウイルスソフト製品が存在する環境で、更新プログラム適用後にシステムの起動が遅くなったり反応しなくなったりする

回避策はKBページでご確認ください。Windows Updateのほか、Microsoft Update Catalogからファイルをダウンロードすることもできます。

スポンサーリンク