Widnows 7/8.1の月例品質ロールアッププレビューKB4525251とKB4525252が公開

S 20180214 105550

Microsoftは11月19日(現地時間)、Widnows 7の月例品質ロールアップのプレビュー版KB4525251と、Widnows 8.1の月例品質ロールアップのプレビュー版KB4525252を公開しました(Softpedia)。

更新プログラムは、次回の月例品質ロールアップで導入される変更を事前に確認するために提供されているオプション扱いのものとなっています。

Windows UpdateまたはMicrosoft Update Catalogを利用してインストールすることが可能です。

KB4525251 (Preview of Monthly Rollup)

Windows 7 SP1、Windows Server 2008 R2 SP1用の更新プログラムKB4525251では、11月の月例更新KB4525235の修正内容に加え、Windowsの互換性関する以下のような修正が行われています。

  • Addresses an issue with evaluating the compatibility status of the Windows ecosystem to help ensure application and device compatibility for all updates to Windows.

更新プログラムに既知の不具合はありません。

更新プログラムはWindows Updateの他、Microsoft Update Catalogや、Windows Server Update Services(WSUS)を利用してインストールすることができます。

KB4525252 (Preview of Monthly Rollup)

Windows 8.1、Windows Server 2012 R2用の更新プログラムKB4525252では、11月の月例更新KB4525243の内容に加え、Windowsの互換性に関する修正や、netdom.exeが信頼関係を正しく識別できない問題の修正が行われています。

  • Addresses an issue with evaluating the compatibility status of the Windows ecosystem to help ensure application and device compatibility for all updates to Windows. 
  • Addresses an issue in which netdom.exe fails to correctly identify trust relationships when an unconstrained delegation is explicitly enabled by adding bitmask 0x800 to the trust object. The bitmask setting is required because of security changes to the default behavior of unconstrained delegations in Windows updates released on or after July 8, 2019. For more information, see KB4490425 and the article, 6.1.6.7.9 trustAttributes.

更新プログラムには以下の1件の既知の不具合が存在します。

  • 特定の操作をクラスター共有ボリューム上のファイルやフォルダーに対して実行すると「STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL (0xC00000A5)」が発生する

更新プログラムはWindows UpdateやMicrosoft Update、Microsoft Update Catalog、Windows Server Update Services (WSUS)などを利用してインストールすることができます。

スポンサーリンク