Microsoft、Windows 7用のWindows Media Playerのメタデータサービスを終了

Windows media center

Microsoftは1月26日(現地時間)、「Changes in metadata service affecting Windows Media Center and Windows Media Player」と題したサポートドキュメントを公開し、Windows 7用のWindows Media PlayerとWindows Media Center向けのメタデータ提供サービスを終了することを発表しました(gHacks)。

サービスの終了により、今後曲のタイトルやジャンル、アーティスト、映画監督、俳優、アーティスト、カバーアートなどの情報がWindows Media CenterやWindows Media Playerで表示できなくなる可能性があるとのことです。

Windows Media Playerのその他の主要な機能(再生、ナビゲーション、ストリーミングなど)には影響せず、またダウンロード済みのメタデータも維持されます。新規にメタデータのダウンロードを必要とする二次的な機能のみが影響を受ける可能性がある模様です。

今回の変更で影響を受ける製品は以下の通りです。

Windows Media version Operating system Affected by this change?
Windows Media Center    
  Windows 8.1 Yes
  Windows 8 Yes
  Windows 7 Yes
Windows Media Player    
  Windows 10 No
  Windows 8.1 No
  Windows 8 No
  Windows 7 Yes

Microsoftはサービスの終了の理由として「フィードビックと利用状況を確認した結果」と説明しています

スポンサーリンク