Windows 8.1のメインストリームサポートが1月9日に終了

S 20180111 90640

現役のWindowsバージョンの一つ、「Windows 8.1」のメインストリームサポートが2018年1月9日をもって終了しました(NeowinMSPoweruser)

メインストリームサポートはMicrosoftが、製品の一般向け提供日から最低5年間提供するもので、新機能の追加や既存機能の更新、セキュリティアップデートなどが含まれます。今後は延長サポート期間となりセキュリティアップデートだけが提供されることになります。

Windows 8.1の延長サポート期間は2023年1月10日までとなっています。

スポンサーリンク